こども保険

子供は一番大切です。
ずっと面倒見ていける保証はありませんが、こども保険に加入していると金銭面は保障されます。
貯蓄にもなりますし、便利な保険です。

 

こども保険は子供がいる親が加入することができ、親に万が一のことがあった場合に保障を受けることができます。
さらに貯蓄付きです。

 

こども保険は満期が12歳、15歳、18歳、22歳があります。
小学校から大学までの卒業時期に合わせてあり、満期になると加入していた期間分の満期保険金が受け取れます。
また、小学校から高校までの入学の際には祝い金である保障金を受け取ることもできます。
貯蓄としてかなりメリットがあります。

 

入学は子供も親も生活習慣が変わることですが、準備のための費用が想像以上にかかります。
そんな時に祝い金が出るとなれば、非常にありがたいです。

 

満期保険金を設定し、いつを満期にするかで保険料は変わってきます。
出来るだけ無理のない程度に設定するのが良いでしょう。

 

さらに、育英年金が特約としてつけられるので保障部分を手厚くすることもできます。
しかし、親がかけている生命保険で十分な場合には保障内容が重複してしまう可能性があります。
そうなると特約は付けることができません。
子供のための貯蓄をしておきたい人は、こども保険を検討してみてはどうでしょうか。